スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AMDのネットブック市場参入は?

IntelがAtomで事実上の独占状態にあるネットブック市場ですが、この前(→参照)NVIDIAが参入を表明した以上、次に問題となってくるのはAMDの参入です。

一時は参入しないと報道されたほどですが、ここ最近は参入するという方向できているようです!
興味深い記事があったので見てください。


見えてきたAMDの新プラットフォームYukonの正体(PC watch)

AMD、Atom対抗のプラットフォーム「Yukon」を発表(IT pro)



記事によると、AMDの低価格ノートPC向けプラットフォームには2種類あり・・・

Congo・・・Athlon X2ベースデュアルコア、HD再生支援(M780G)  低価格ノート向け

Yukon・・・シングルコア、M690G  低価格ノートとネットブック向け

それに加えて
現行製品の処分・・・  ネットブック向け

があるそうです。


それで、Congoは新たなネットブック以上、現在の低価格ノート未満という新しい市場を作り出す可能性があるそうな。

さらに、ネットブック向けの現行製品の処分のプラットフォームにいたってはIntel Atomより安い価格設定をしているとのこと。 これはうれしい点ですね!

ただ、問題なのはCongoもYukonも現行のノートPC用のCPUを改造しただけのものであって、Atomのようにイチから作り出したものではないということです!

よって消費電力もAtomの倍以上になっています・・・

これではバッテリー駆動時間が減り、本末転倒ですw
(※総合的な消費電力ではAtomと同じくらいかもしれない、というご指摘を受けました。消費電力関係のことは、公式な情報が発表されるまでお待ちください。)

まあ、実際のところネットブックは本来の目的である
”手軽に持ち運べて、インターネットできるノート”から、
”家でメインの代わりになるノート” へ意味が変わってきている気がします・・・(大容量HDD化、大画面化など)

だとすると、そのようなニーズに答えるという形でCongoやYukonを出すというのは需要も見込め、良いのではないでしょうか?

”ネットブック”の定義は次第に変わって行くと思うので、いまはその様子を見守りましょう。

↓クリックお願いします!

 にほんブログ村 PC家電ブログへ 

タグ:
スポンサーサイト

テーマ : モバイルミニノートPC
ジャンル : コンピュータ

コメント

非公開コメント

チップセットと合わせると消費電力はAtomプラットフォームと同じくらいらしいですよ。

No title

そうでしたか。ご指摘ありがとうございます。
確かにAtomの945GSEは省エネではないですものね。
肝心のCPUが頑張っているのに周りのチップセットが電力を食っているのでは本末転倒ですね。

今後も間違っている記事があれば、ご指摘お願いいたします。
Internal Search
Links

    当サイトはリンクフリーです!

    ブログランキング・にほんブログ村へ TREview
    テクノラティお気に入りに追加する
Weather Report

-天気予報コム- -FC2-
RSS Links
QRcode
QR
Access Counter

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。